×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ピザ釜の蓋/扉製作

よくあるご質問

Q1.長野県外の販売設置は対応できますか?
A1.もちろん対応可能です。これまでに広島県のお客様への販売施工をしたことがございます。


Q2.薪ストーブの見学はできますか?
Q2.もちろん可能です。あいにく、ショールームがなく、工房にお越しいただくことになりますが見学はもちろんのこと、焚付けの手順や巡航運転をするための手順なども実演させていただきます。


Q3.既存の薪ストーブを入れ替えたいのですが、既存の煙突との接続はできますか?
Q3.接続できます。既存の煙突の径を測らせていただき、はめ込める部材を弊社で製作します。



Q4.灰はどのように処理すればいいですか?
A4.ひとまず、金属製などの不燃物で出来た入れ物に灰を入れ熾火が完全に燃え尽きるまで時間を置きます。その後、畑をやられている方であれば畑に灰をまくことで良質な野菜の栽培を期待できます。 灰には植物に必要なミネラルが含まれており、意外と重宝されます。畑をお持ちでない方はネットに出品すれば売れるそうです。また、薪を燃やす前に濡れたティッシュなどに灰をつけてガラスを拭くことにより汚れが落ちやすくなります。灰は重曹と同じ役割を持ちます。


Q5.薪の販売はしていますか?
A5.申し訳ありません。薪の販売はしておりません。サトー式薪ストーブを楽しむ以外に薪を調達する活動(いわゆる薪活)もお楽しみいただければと思います。


Q6.費用を抑えたいので全てシングル煙突での施工は可能でしょうか?
A6.シングル煙突は室内のみで、屋外部分のシングル煙突での施工は対応しかねます。屋外もシングル煙突で施工すると煙の逆流やクレオソートが煙突内部にこびりつきそれに引火することで煙道火災が発生しますので、初期コストに固執して全てシングル煙突で施工すると良い事なんて何一つありません。


Q7.針葉樹は燃やせますか?
A7.はい。燃やせます。実際にカラマツをメインに燃やしているお客様もいらっしゃいますが、薪ストーブ本体の損傷は一切ございません。 但し、カラマツなどの松を薪として燃やす場合は最低でも2年乾燥させないと黒い煙が大発生しますのでご留意ください。


Q8.煙突はどれぐらいの頻度で掃除すればいいですか?
A8.2年に1回でも大丈夫ですが年に1回実施すれば間違いありません。