×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ピザ釜の蓋/扉製作
HOME»  サトー式薪ストーブ ブログ

サトー式薪ストーブ ブログ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

兵庫県N様 アウトドア用ミニ薪ストーブ納入

こんにちは。
代表の佐藤哲郎です。

インスタのフォロワーさんからご注文いただきました。
いや嬉しかったですね~!!

N様のために作ったアウトドア用ミニ薪ストーブです。





N様がサトー式薪ストーブミニタイプを購入下さった理由は

『フォルム、サイズ感を見て一目惚れした』

との事でした。

本当に嬉しい!!ありがとうございます!!

発送しましたので楽しみにしていてくださいね!!

それでは今日はこの辺で失礼したいと思います。
どうもありがとうございました。

2020-08-08 17:25:41

コメント(0)

アウトドア用ミニ薪ストーブの組み立て

こんにちは。
代表の佐藤哲郎です。

ご注文いただいているミニ薪ストーブの塗装が仕上がりましたので組み立てました。

去年始めごろまでは、自分で塗装をしておりました。
スプレーガンで噴いていましたが、綺麗に塗装するのは、簡単ではありません。
しかし、練習を重ねて上手くなりましたが、塗装ブースと電気乾燥炉がないことから、何かと限界を感じるようになり今は、協力会社さんに依頼しています。

さすがプロです。綺麗に仕上げてくれました。
梱包も綺麗にやってくれます。










 

組み立てている様子です。



今回、製作したミニ薪ストーブは全てアウトドアで使用されます。
巷にあるアウトドア用のミニ薪ストーブは軽くて持ち運びやすのですが、すぐ壊れるとの意見を聞きます。

サトー式ミニ薪ストーブは厚さ4.5mmですので頑丈です。4.5mmの厚さが重厚感を醸し出し、見た目もかっこよくなります。

さて、組み立て後はどうなりましたかね?
まずは3面扉モデルです。

以下のようになります。






 

うん。いい絵ですね!!

続いて標準タイプです。





手前味噌ですが、中々かっこいいですね。
しかも二次燃焼するので、本格的なアウトドア用ミニ薪ストーブです。

ご購入くださったお客様の手元に届くのが楽しみです^^

それでは今日はこの辺で失礼したいと思います。
どうもありがとうございました。

2020-08-08 17:22:43

コメント(0)

ミニ薪ストーブ製作無双

こんにちは。
代表の佐藤哲郎です。

最近、ミニ薪ストーブを作りまくっています。
全国のお客様からご注文いただいております。

大変ありがたい事です。
本当にありがとうございます!!

用途は様々です。

・アウトドアでソロキャンプ
・自宅で使う
・キャンピングカーで使う

最近のミニ薪ストーブはこのように使用されます。

ミニ薪ストーブを製作している様子です。


レーザー加工機切断し、曲げ加工を終えた状態です。




部品を溶接で組んでいきます。
6台まとめて作ったのは初めてです。段取りの改善が必要です。






ちらかっていますね 汗

仕上げが終わり塗装工程に移ります。





定盤が仕上げの際に出た鉄粉だらけになります。
キズもたくさん付きました。

一つの案件が終わると、キズをグラインダーで擦ってシリコンスプレーをふいてお手入れします。
こうしていると定盤に愛着が湧きます。


それでは今日はこの辺で失礼したいと思います。
どうもありがとうございました。

2020-08-05 06:51:40

コメント(0)

山形県 I様 セミオーダーミニ薪ストーブ納入

こんにちは。
代表の佐藤哲郎です。

こちらの記事で投稿したセミオーダーのミニ薪ストーブが仕上がりました。
今回は正面の扉以外に、左右にもガラス窓を設けました。

山形県 I様からご注文いただきました。
I様は既にアウトドア用の薪ストーブを何台かお持ちです。

ソロキャンプをされており、年越しでキャンプもされております。

以下、仕上がったセミオーダーのミニ薪ストーブです。













この薪ストーブは鉄板の厚さが4.5mmなので他のアウトドア用薪ストーブと比べて蓄熱性に優れています。
こんなに小さいのに2次燃焼もします。

そして先日、I様から実際にアウトドアで使った様子の動画をいただきました。 焚付けも順調でしっかり二次燃焼していますね♪ 以下の動画の通りです。

 


それではまた投稿します。

2020-07-09 19:00:46

コメント(0)

3面扉ミニ薪ストーブ製作(セミオーダー)

こんにちは。
代表の佐藤哲郎です。

ウチのホームページをご覧になったお客様から3面扉のセミオーダーミニ薪ストーブのご注文をいただきました。
ひと段落したのでブログに投稿します。

溶接で組んだ直後の写真です。

まずは正面。




側面の写真です。






アウトドアで利用されるため、蓋を設けました。
このストーブは他のストーブと違い、板が厚いので蓄熱します。

これから耐火ガラスが入ってきます。
さらに塗装もします。

完成が楽しみです。

それでは今日はこの辺で失礼したいと思います。
どうもありがとうございました。

2020-06-19 17:45:37

コメント(0)

勾配付きチムニーカバーの製作

こんにちは。
代表の佐藤哲郎です。

現在、サトー式薪ストーブ750タイプを製作しております。
薪ストーブ本体以外に煙突周りの金物も製作しています。

基本的に煙突部材は仕入れているのですが、チムニーカバーなど一部の部材は自前で製作しております。
現在製作しているチムニーカバーです。






このように勾配を設けることで雪や雨水が溜まることはありません。
煙突が通すと以下のようになります。





 

チムニーカバーの円筒部分と煙突の継ぎ目にはストームカラーと呼ばれる傘のような部材を取り付けます。
これにより、さらに雨漏りのリスクが軽減されます。

ちなみに、これから塗装するサトー式薪ストーブ750タイプです。




今回は薪スタンドもご注文いただきました。

最近暑いです。
汗をたくさんかきます。

しかし、暑い工場の中で熱くなる薪ストーブを作るのが、私の中でオツなのです。
そこでかく汗は大変美しい。

それでは今日はこの辺で失礼したいと思います。
どうもありがとうございました。

2020-06-17 11:49:58

コメント(0)

ホテル軽井沢クロス様 セミオーダー800タイプ納入

こんにちは。
代表の佐藤哲郎です。

軽井沢町、銀座商店街のランドマークである

『チャーチストリート』

の2Fに近日中にホテルがオープンします。

ホテルの名前は

『ホテル軽井沢クロス』様

です。

ホテル軽井沢クロス様のラウンジにこの度、サトー式薪ストーブ800タイプを納入させていただきました。
今回、ご注文いただいた800タイプはセミオーダーで、背面にもガラス窓を設けました。

※製作中の投稿はこちらをご覧ください。
※煙突工事の様子はこちらをご覧ください。

これは、ラウンジ側からとBAR側から両側から炎を眺められるようにするためです。

また、小さなお子様の安全を考えて特注ハースゲート(薪ストーブ周りの柵)もご注文いただきました。
既製品でもあるにはあるのですが、樹脂と薄いパイプで組まれており、質感が・・・・
と言う事で鉄のフラットバーと丸棒で作りました。

※製作中の様子はこちらをご覧ください。

以下、設置後の写真です。











背面の写真です。



せっかく特注ハースゲートのご注文をいただきましたので、施主様にとって世界に一つだけの物を作りたいと思い、ホテルのロゴを切り抜いたプレートも取り付けました。ハースゲートの前面と背面に取り付けました。



後日、火入れで伺い、経営者様と現場のスタッフ様に操作方法を説明しました。






伺った日は、 雨で涼しかったので火入れしてフロア中が暖かくなり皆さん心地良さそうでした。

嬉しい限りです。
大変素晴らしいご縁でお仕事をさせていただきました。

ホテルがオープンし、冬になったら実際に宿泊させていただき、自分が作った薪ストーブを肌で感じ検証したいと思います。


ホテルズドットコムにホテル軽井沢クロス様が掲載されております。
129枚もの写真を眺めていると是非とも宿泊したくります。


それでは今日はこの辺で失礼したいと思います。
どうもありがとうございました。

2020-06-09 13:25:01

コメント(0)

特注のハースゲート 薪ストーブの柵

こんにちは。
代表の佐藤哲郎です。

GW明けに納品する薪ストーブですが、ハースゲートと呼ばれる薪ストーブ本体を囲う柵を作っています。
既製品でもこの手の商品はありますが、樹脂で造られているため質感が乏しくなると言う事で鉄の材料で作りました。

使用した材料は、6mmの32mm幅のフラットバーと9mmの丸棒です。角はグラインダーで研磨してR仕上げにしました。

以下の写真は塗装前で仮組みした状態です。







塗装したハースゲートと薪ストーブ本体の設置が楽しみです。

それではまた投稿します。

2020-05-05 08:48:50

コメント(0)

薪ストーブ設置前に煙突工事

こんにちは。
代表の佐藤哲郎です。

某宿泊施設にサトー式薪ストーブ800タイプを納品させていただくのですが、本体の設置前に煙突工事を行ってまいりました。
この建物はRC造(鉄筋コンクリート)なのですが、実は、このような建物で工事するのは初めてでした。

屋上のスラブにコア抜きする際に、薪ストーブ本体の芯に合せる必要があるのですが、現場監督さんの隅出しが素晴らしく、ぴったりでした。
これにはとても感心しました。

まずは薪ストーブ本体の煙突の芯を隅出しします。



若干ドキドキしながら、天井のボードに穴を開けました。


うん。ばっちりです!!この時が一番緊張しました。煙突の芯があっていることを確認出来た時は、仕事の3割が終わったと確信しました。そして、煙突をスラブに固定するための金物を取り付けました。



粛々と煙突工事をやりました。








煙突を支えるステーとブロックのトップを加工カバーは自前です。
まだ、内装の工事が終わっていないため、室内の煙突は養生しました。



GW明けに薪ストーブ本体を設置します。

それではまた投稿します。

2020-04-29 06:59:36

コメント(0)

佐久市I様アイボリー薪ストーブ

こんにちは。
代表の佐藤哲郎です。

以前、先代の社長である父が佐久市のI様邸に納入した薪ストーブについて投稿します。

I様は、以前からサトー式薪ストーブの事をご存じで父に導入したい旨ご依頼を下さりました。
設置場所は、新居の土間なのでレンガの炉台や床の遮熱板は不要です。

以下は、設置後の写真です。





本体がアイボリーなので煙突もアイボリーで塗装しました。



素敵な新居の空間と絶妙にマッチしております。
アイボリーは汚れが目立ちますが、気になるようでしたら再塗装もできます。

それではまた投稿します。

2020-04-29 06:54:24

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5