×

CATEGORY

CATEGORY

MENU

ピザ釜の蓋/扉製作
HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4

お客様紹介(ごはんやハレノヒ様)

こんにちは。

今日は、お客様のご紹介をしたいと思います。
今回、ご紹介させていただくお客様は

『ごはんやハレノヒ』

です。

実際のところ、お店ではなく、オーナー様のご自宅にサトー式薪ストーブ600タイプのアイボリーを納品させていただきました。




火入れ式の様子です。

親族の方々も火入れ式に参加いただきました。


ごはんやハレノヒさんは、ご夫婦で営まれております。
このお店のメニューは全て玄米菜食でとてもヘルシーなのですが
調理がとても工夫されており男性が食べても空腹を満たしてくれます。

私が先日食べた料理です。


真ん中の揚げ物は大豆がメインの料理なのですが、まるで肉を食べているような食感でした。
その他にお弁当もやっておりますので会議や何かの集まりの際は是非ともお願いしたいですね。

以下、ごはんやハレノヒさんのリンクです。
https://www.facebook.com/gohanyaharenohi/
https://www.slow-style.com/detail/1045/index.html

フェイスブックでは積極的に情報発信されております。
是非、足を運んでみてください。

それでは、また投稿します。

 

2018-06-24 11:36:04

コメント(0)

大分県大分市S様 ピザ釜の扉納入

こんばんは。

大分県大分市のS様にピザ釜の扉を納入し、設置後の写真をいただきました。

扉がなかった時の状態です。


この開口部に扉を付けると・・・


半開きの状態です。


問題なく綺麗に納まって良かったです^^

それではまた投稿します。

 

2018-05-23 19:27:23

コメント(0)

お客様紹介(maru cafe様)

こんばんは。

今日はお客様の紹介をしたいと思います。
今回紹介させていただくお客様は

『maru cafe』

です。

サトーステンレスのブログで料理のことなどを紹介させていただいておりますのでそちらもご覧ください。
maru cafeは2014年にオープンしたのですがその時に先代である父がお店にサトー式薪ストーブ600タイプを納入しました。
その時の火入れ式の様子を撮った写真です。






以下、料理の写真です。
お弁当もやっています。私も一度、maru cafeのお弁当食べましたがおいしかったですよ~!!



この日はサンドイッチのランチでした^^


最近、和パフェを始められたそうです。


以下、maru cafeのホームページとフェイスブックのアドレスです。
フェイスブックで活発に情報発信されているので是非、いいねしてください。
http://maru-cafe.com/
https://www.facebook.com/marucafe2014/


それではまた投稿します。

2018-05-22 19:17:33

コメント(0)

優雅で気品溢れる中古薪ストーブを10万円でお譲りします

こんばんは。

優雅で気品溢れる、中古薪ストーブを10万円(税込)でお譲りします。
と、言っても私が売るのではなく、私のお客様の中古薪ストーブです。

お客様曰く、見た目はとても優雅ではありますが、性能的にはあまりよくないそうです。
温度も上がらず暖房機器と言うより火を楽しむものとして購入された方がいいとの事です。

この薪ストーブはフランクリン82と言う名前でこのストーブからサトー式薪ストーブ600タイプに入れ替えます

新品で購入する場合、
本体が300,000円
バーベキューコンロ32,000円
総額332,000円のところを税込100,000円です!

それでは優雅なその佇まいをご覧ください。










興味がある方はご連絡下さい。お客様と直接連絡をとっていただきます。

以下はフランクリン82の情報が掲載されているリンクです。
http://naganosohsyo.co.jp/hergom/franklin82.html
http://naganosohsyo.co.jp/hergom/pdf/franklin82.pdf



 

2018-05-18 20:06:29

コメント(0)

ピザ釜の扉を発送

こんばんは。

今日はピザ釜の扉を発送しました。
私の手元から離れる前に写真を撮りました。

お客様が製作されたピザ釜は2段です。
あと、扉を開けずにパンやピザの焼き具合を確認できるよう耐火ガラスを付けました。

まずは上段の扉です。
実際には温度計が付きます。


下段の扉。


姿形は一緒ですが寸法が異なります。
扉が開いている様子です。



あとダンパーです。


お客様が製作したピザ釜に取り付けられるのが楽しみです^^

それではまた投稿します。

2018-05-18 19:34:30

コメント(0)

お客様紹介(藤井農園様)

こんばんは。

今日はお客様のご紹介をしたいと思います。
今回、ご紹介させていただくお客様は

『藤井農園』 

です。

数々のメディアで取り上げられいるのでご存じの方もいらっしゃるのではないでしょうか?
藤井農園は藤井志郎さん・恵さんのご夫婦で営まれております。
長野県佐久市(旧望月町)の長者原と言う標高1000m付近で50種類もの野菜を科学肥料などを使わない栽培をしております。




私も藤井農園が作った野菜を何度も食べたことがあるのですが

『野菜ってこんなにうまいのか!?』

と思いました。
藤井農園で作られた野菜が食べられるホームページ上でご覧いただけます。
もちろん、おいしい野菜の注文だってできます。


藤井農園にはサトー式薪ストーブ800タイプをご自宅に納品させていただきました。


火入れ式で志郎さんが火をつけている様子です。写真がぶれていてすみません。


ちなみに藤井さんのご自宅に薪ストーブを導入する様子を藤井農園のブログに綴られています。
こちらも併せてご覧ください。

それではまた投稿します。

2018-05-15 21:34:37

コメント(0)

お客様紹介(YUSHI CAFE様)

こんばんは。

サトー式薪ストーブの歴史は今回ご紹介するお客様から始まりました。
長野県佐久市(旧望月町)の

YUSHI CAFE(ユーシカフェ)様
です。

2009年に先代である父がユーシさんから薪ストーブを作って欲しいとの依頼を受け、父の手からこの世に誕生した一番最初の薪ストーブです。
以下の写真は、納入直後のものです。





あと、ミニ薪ストーブもあります。
YUSHI CAFEの雰囲気を醸し出してくれています。


もう、YUSHI CAFEの知名度は、長野県に留まらずもう全国レベルです。
最高の癒しの空間と時間を提供してくれる古民家のカフェです。

オーナーであるユーシさんのセンスと人柄がお店の雰囲気から感じ取れます。

もちろん、珈琲の味も最高です。珈琲だけでなくスコーンやケーキも絶品です。
私はいつも36珈琲と言う深入りの珈琲を注文します。

ドリンクとスコーンとケーキセットおすすめです。

これにドリンクがついて1,000円です。

是非、足を運んでみてください。

それではまた投稿します。

2018-05-14 19:22:51

コメント(0)

ピザ釜の扉を下塗り

おはようございます。

さっきまでピザ釜の扉を下塗りしていました。





今日は温度が上がるとのことなので、朝の涼しい時間を狙って塗装しました。
気温が高くなると、スプレーガンで製品に塗布されるまでの間で、塗料が乾燥し、製品に粉のようなものがついてしまうので
注意が必要です。そうならないように、涼しい時間帯を狙ったわけです。

溶剤にもいろいろあり、乾燥が早い物、やや遅い物、遅い物、標準とあるのですが季節や気温で使い分けが必要です。
一日の中でも気温が大きく変わりますので溶剤の選定にも気を使います。

真夏の暑い時に乾燥の早い溶剤を使えば大変な事になります。
今日はこのまま放置して明日上塗りと焼き付けを行います。

また投稿します。

2018-05-11 09:54:18

コメント(0)

ピザ釜の扉を作っています

こんにちは。

昨日と今日はなんだか寒かったですね。
佐久市の5月はまだまさ薪ストーブに活躍してもらわねばなりません。

今日は、ピザ釜の扉の溶接をしていました。









お客様のご要望で扉は観音開きです。お客様自身で製作されたピザ釜が2段ありますので上段と下段共に扉を作っています。

一番下にあるのはダンパーです。
明日以降で塗装をやります。

また投稿します。

 

2018-05-09 18:21:29

コメント(0)

ピザ釜の扉の設計完了

おはようございます。

大分県のお客様からピザ窯の扉製作のご依頼をいただきGW前までメールで詳細を詰めさせていただきながら設計を終えました。



既にお客様の方で窯は作られていて開口部に観音開きの扉をはめ込みます。
また、ピザやパンの焼き具合が見えるように耐火ガラスを具備します。
と言う事で、先程材料屋さんに発注しました。

また投稿します。

2018-05-07 08:45:17

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4